HOME ヒーロー事業について ヒーロー農法米 ご注文 お問い合せ 会社案内 

”農業生産法人でヒーロー?”と奇異に感じる方も多いでしょう。確かに変わった名前ですが、そこには私たちの熱い思いが込められています。上図の『社名の由来』をご覧ください。
いま日本の米づくり農業は危機に瀕しています。価格は低落一方で採算割れ、後継者がいなくて超高齢化産業。「競争経済だから仕方がない」で済ませていいのでしょうか。私達は「農業という産業が自立しない国家は危うい!」との明確な信念を抱いております。
また、農業は人間が身体共に健全に世代継承するために最も重要な役割を担っています。健全な食材こそ健全な命を紡ぐのです。ですから農業は貴重な食材を世に出す『極めて崇高な産業』であることを思い起こそうではありませんか。
さらには農業から「環境」の問題が見え、「心・体の健康」の問題が見え、「地域経済」の問題が見えます。ここにヒーローの設立理念の根源があります。
ヒーローは、建設業をはじめとした他分野の経営ノウハウと農業専門技術を融合させた「企業式農業」の展開により、有機・無機薬にこだわった栽培と残留農薬や土壌微生物活性度などの「安全」・「安心」の情報公開そして美味さの創造で付加価値を出して、高齢・後継者不足の農家を支援し、更には自立を目指す農業者を支援します。そして、一度は農業に背を向けた若者が自分の将来設計のために農業に夢を抱いてUターンする、まさに『若者の帰農現象』を起こしたいと思います。
ささやかなヒーローの始まりが、本質農業のうねりとなる姿を強くイメージして発信しました。確実に具現化するためにスタッフ一丸となって邁進する所存であります。私達の支えであります生産者・消費者皆様の広く深いご理解を賜りますようお願いを申し上げ挨拶と致します。

代表取締役社長 石ヶ森信幸

名称
有限会社ヒーロー(農業生産法人)
名称の由来
設立理念を英文にし、主な単語の頭文字を並べて「Hearoc」というロゴにし、これをヒーローと読ませ名称に強い思いを込めたもの
設立年月日
平成15年12月25日
資本金
7,000,000円
本社所在地
〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町3丁目1番1号
TEL/FAX
0229-23-7970 / 0229-23-7971
代表者
代表取締役社長 石ヶ森 信幸
主な役員
副社長 石井 稔(栽培技術統括責任者)
代表取締役専務  浅野 新一
設立理念
有機と活性酸素除去で、環境と健康と経済に寄与する本質農業の確率を目指す
事業形態
農地集約による有機・無農薬・活性酸素除去米(野菜)の生産販売
事業展開方針
1.『ヒーロー農法』のブランド化
「確かな農法」を地域や品種に替わる食材ブランドとする
2.安心と安全の情報化
残留農薬試験、DNA鑑定、土壌微生物量診断などの検査情報発信を先駆ける
組織と機能
本部(宮城県大崎市古川) (1)買付け及び販売 (2)生産の統括管理
支部(5支部) (1)支部地区内の生産管理 (2)農地・会員拡大
戻る

(農業生産法人)有限会社ヒーロー
〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町三丁目1番1号
Copyright:(C) 2004-2007 Hearoc. All rights reserved.